古書の街早稲田にある老舗古書店のデザイン。若い2代目のオーナーが自ら選んだ本が置かれる1Fは見通しの良いギャラリー風のデザインとし、ほんの陳列方法のバリエーションをもたせて見て楽しむ空間とした。床は古き時代の古書店の土間をイメージしたモルタル仕上にし既存のコンクリート打ち放し仕上げを活かした内装に、天然木木地仕上げの書架で温かみを加えた。学術書が中心となるB1Fは落ち着いた雰囲気とし、静かな空間でじっくりと本を選べる空間とした。合わせてロゴと包装紙、ブックカバーのデザインも行った。
 
Power by

Download Free AZ | Free Wordpress Themes